メインビジュアル メインビジュアル

よくある質問

<NEW>内科研修を7か月以上行う場合でも、必要な入院症例数、および病歴要約数はそれぞれ20症例、5件でよろしいでしょうか。|一般社団法人日本専門医機構 総合診療専門医検討委員会

Q1.<NEW>内科研修を7か月以上行う場合でも、必要な入院症例数、および病歴要約数はそれぞれ20症例、5件でよろしいでしょうか。
A1.

内科研修6ヶ月の場合に必要な入院症例は最低20症例(うち病歴要約5症例)ですが、7ヶ月以上の内科研修を行う場合の必要数については、現在、検討委員会で審議中です。
決定次第、機構検討委員会ホームページ、プログラム統括責任者メーリングリスト等でお知らせします。
なお、総合診療→内科で期間短縮を伴う通常型ダブルボードを希望する場合は、総合診療専門研修中に内科研修12か月、入院症例数40症例、うち病歴要約10症例が必須となります。

※参考:内科研修期間の短縮に関する説明会(2023年11月)資料
https://jmsb.box.com/s/tzaki9tzataklylevo7ks69vfahl6w0q